スマホ老眼

スマホ老眼とは?
スマートフォンやゲーム機などの携帯情報端末を長時間使用することで見られる、老眼のような症状のことを指す。

一般的に、老眼は40代ごろから症状が出始めると言われているが、10代後半~30代の若者にも見られる。

長い間、スマートフォンのような小さな画面を凝視し、眼に大きな負担をかけつづけると、眼のピントを合わせる毛様体筋が緊張したまま元に戻りづらくなる。

一時的なものであることが多いが、何度も繰り返すことで症状が重くなる可能性もあり、老眼を早める危険性もある。

「手元の文字が見づらい」「近くのものにピントが合わず、視界がぼやけて見える」といった症状がある。
「遠くのものを見る」など、日常生活の中で改善できることも多く、仮性近視の一種ともされている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です