視力

視力とは?

物の存在や、形を認識する眼の能力。

臨床的には、2点を区別して認識できる能力を指す。

異なる2点の間の最小距離を測定して、「最小視覚」とする。その逆数を「視力」としている。視力表を5メートルの距離からみて、ランドルト環の切れ目を見分けることができる視力を1.0としている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です