緑内障

緑内障とは?

眼の病気の一種。
眼に入ってきた情報を伝える「視神経」に障害が起こり、視野が狭くなっていく。症状に気付かず、対応が遅くなると失明することもある。

40歳以上では20人に1人の割合で患者がいるともいわれている(日本緑内障学会緑内障疫学調査による)。

片方の眼で見えない部分があっても、もう片方の眼でフォローができるため、病状の進行に気がつかないことが多い。

眼圧を下げることが治療法とされ、目薬を使った薬物療法や、レーザー療法などがある。一度失った視野はもとには戻らないため、病状の早期発見が大切になる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です