レーシック

レーシックとは?
LASIK
角膜屈折矯正手術の一種。
年間数万件の手術が行われており、眼科の中では最も多い。

目の表面の角膜エキシマレーザーを照射し、角膜の曲率を加工して、視力を矯正する方法をとる。手術時間はおよそ15分程度で完了する。
手術後の痛みがほとんどない。さらに、早期の視力回復が得られる。

ただし、全ての人が手術を受けることができるわけではない。
近視乱視の度数が強い、角膜が薄い、角膜形状が不正であるなど、リスクがある人は医師との相談の上、他の方法を探す必要もある。
また、角膜を手術するため、角膜感染症を引き起こすことがある。
なお、レーシックでは、老眼は治らないとされている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です