ランドルト環

ランドルト環とは?
静止視力を測定するときに使われる、C字型の指標。黒色の円環。

大きさの異なるC字型の環の開いている方向を識別し、視力を測る。

スイスの眼科医である、エドムント・ランドルトによって開発された。名前のもとは開発者であるランドルトより起用。
国際的な標準指標としても認められている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です