角膜

角膜とは?

眼を構成する層状の組織。
眼球のもっとも外側に存在し、黒目に該当するところを覆っている透明な膜のこと。
眼に光を取り入れる窓の役割がある。

また、光を眼球の中に透過させて、屈折させる働きを持っており、眼のピントを合わせることができる。角膜の表面は、常に涙で覆われており、眼の乾燥と眼球内部への最近感染を防いでいる。

コンタクトレンズの使用、眼にゴミが入るといった刺激によって、角膜が傷つくこともある。
角膜の透明性が失われたり、形が変化したりすると視力の低下や視覚障害を呼びおこす。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です