遠視

遠視とは?

眼の屈折異常のこと。
遠くのものを見るときに、ピントが網膜よりも後ろで合う状態を指す。
近くも、遠くも見えにくい症状が出るようになる。
また、遠視から弱視になる可能性もある。

常にピントを合わせる必要があり、眼が疲れやすくなる。
そのため、ものを集中してみることが難しくなることもある。

軽度の遠視の場合は治療が行われないこともあるが、
メガネコンタクトレンズでの補助を行うこともある。
レーシックなどの手術での治療も行われる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です