乱視

乱視とは?
眼の屈折異常のこと。
ものの距離に関係なく、ピントが合わなくなりものがぼやけて見えるようになる。
遠くのものが見えづらい近視、遠くのものが見えづらい遠視があるが、
これらとともに症状が出ることもある。

網膜上で光が集まらず、はっきりとした像を作ることが不可能となっている。
また、角膜での炎症や外傷で症状が出ることもある。(不正乱視)

ものが見えづらくなり、眼精疲労を引き起こしやすい。

乱視が進むとメガネコンタクトレンズでの補助が必要となる。
また、レーシックなどの手術での治療も行われる。
不正乱視の場合は、眼のひずみの状況が異なるため、メガネでの矯正が出来ない場合も多い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です