アントシアニン

アントシアニンとは?
植物界に存在する色素、アントシアンのうち、糖などと結びついた成分のこと。
赤、青、紫色などの花や果実の色。
抗酸化物質として、体に有害な活性酸素をとりのぞく働きに注目されている。

眼が網膜で光を感知して、脳に信号を送るときにロドプシンというたんぱく質が働く。

アントシアニンはロドプシンが体で作られるための補助を行い、活性酸素によりロドプシンの動きが悪くなることを防ぐことが期待されている。

ルテインとあわせて摂取することもおすすめ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です