心因性視力障害

心因性視覚障害とは?

心理的な原因によって視機能の異常がおきること。
主に7~12歳の子どもに見られる症状。

視力の低下、視野が見えづらいといったことがある。
検査をして出てくる値に異常がないため、仮病と思われることもあるが、視力が悪く見えづらいという思い込みが原因ともいわれる。

原因は「心理的ストレス」とも言われるが、
人間関係や、学校の宿題などを重荷に感じるなど人によってさまざまで
はっきりと突き止めることが難しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です